No Car,No Life!

ポルシェを購入するために大切なこと。仕事、お金、そして人生。

ポルシェは高い買い物なのか?

「ポルシェに乗ってます」と言うと、「スゴいですね!」と言う返事がほとんど。

でも、その『スゴい』には大きな誤解があることが多いのだ。 もちろんポルシェは安くても600-700万円から上は3000万くらいまであり、どう考えても値段的には安いモノでは無い。

そのため中には、

『クルマによくそんな大金使えるよな。』

とか、

『儲かってますね〜』

とか、

『贅沢な高級車乗り回して…』

といった声をチラホラ聞く。

でも、声を大にして言いたい。

『ポルシェは高級車じやない!』

『ポルシェは高くない!』

と。

なぜなら、ポルシェは昔から高級車とは程遠い質素な内装を貫いており、最低限の装備しかない。 例えば、日本車ならほとんどの車で標準で付いてる電動で折りたためるサイドミラー。 これさえも、ポルシェではオプション。 また、自動ワイパー。これもオプション。 シートも手動。電動ならオプション。

他にもいろんなものがオプションだったり、そもそも設定が無い装備もある。 日本車の高級車の方が、よっぽど豪華だ。

なのに、ポルシェは『高級車』と一括りにされる。

違う!

ポルシェが高級なのは、『性能が高級』なだけ。

本当にポルシェが好きな人は、高級感を味わうために乗ってるわけではなく、その走りに惚れ込んで乗ってるのだ。



ポルシェが高い車と思われるのも納得がいかない。 というか、そう思ってる人は本質が見えていない。 これは、フェラーリランボルギーニなどにも言える事だが、車を売却する時の値段が高い。

例えば、私のボクスターGTSの中古車価格を調べてみて欲しい。 すでに2年落ちのものが多いが、今日時点で900万以上の値を付けてるものがほとんど。

そう、ポルシェは値下り率が低く、売る時にそれなりの価格で売れるのだ。

特にGT3系やスパイダー、GT4などは値落ちしないとごろか、新車よりも中古の方が高いこともしばしば。また、ポルシェはいくら古くなっても価値はゼロにはならない。むしろ、古ければ古いほど高くなる傾向がある。

これはつまり、車としての資産価値が高いということ。 例えば1000万で買っても、売る時に700万で売れれば、実際、300万でポルシェに乗れる。 しかも、今は残価設定ローンも使えるので、ローンで買っても毎月の支払いをかなり抑えられる。

そう、ポルシェは実質的には『安い』クルマなのだ。



なので、若者よ。

安心してポルシェを買いなさい。

金が無いなら死ぬ気で長大なローンを組みなさい。

食費を削って、彼女と別れてでも買いなさい。

金目のものはメルカリで売りなさい。

少しでも条件の良い所に転職しなさい。

そして、仕事を頑張りなさい。

そうすることで、あなたのレベルは自然と上がり、周囲にはレベルの高い人が集まり、いつの間にか高い山に登れているのだ。